アドセンス警告 カテゴリページ 検索ページ

アドセンスの注意点

アドセンスの警告対象になる
コンテンツ不足に関する注意事項について

カテゴリページ・検索結果ページ

アドセンスは急に報酬が増えたり1月に10万円を越すようになると
コンテンツ不足や違反がないか確認がはいると言われてます。

これはあくまでも噂ですが

私の知り合いにも10万円前後くらいで警告がきた人が数人います。


ネットで巡回しているとコンテンツ不足が目に付きます。

アドセンスのコンテンツ不足っていうと、まず

1、ブログの記事の文字数が少ない。
(少なくても300文字以上、500文字以上推奨なんていわれてます)

2、独自コンテンツがない
自動記事生成ツールやRSSツールなどで他所のリンク集めたり、
他のサイトの引用記事並べただけのサイト。

3、ミラーサイト
(誰かの真似か自分のでもほとんど同じようなサイト)

などが思い浮かびますが
まさか、これっ・・・と思うようなことです。
気をつけないといけない事をけっこうやってます。


注意しないといけないコンテンツ不足とは、

カテゴリページ、検索結果ページ、タグページ、です。

特にSeesaa シーサーはタグページに気をつけないといけませぬ。

以前からちょこちょこ気づいて自分でも気をつけてましたけど、
この3つを気をつけないといけないと思いました。

ここではカテゴリページと検索結果ページを説明します。

まず、よく目に付くのが

カテゴリページのコンテンツ不足

あちこち巡回していると、よく目にするのが
カテゴリーページのコンテンツ不足です。

けっこう有名人でもたまにありますから面白いです。
.。o○(ほんとに稼げてるのって感じ??)


ブログを作ったときや、更新するときに、

あるカテゴリーの記事を書くつもりで、まずカテゴリーを作って・・・

と、考えてカテゴリーだけ作って、そのカテゴリーの記事を書き忘れ、
ってことありませんか?

とくにブログを1度に2つ3つ作るときに気をつけないと・・・(゚_゚i)タラー・・・
私はたまにあります・・・デヘッ

そうすると、サイドバーのカテゴリで、
そのカテゴリの記事数は0(ゼロ)になってます。

そこをクリックすると、コンテンツのないページが表示されます。

このページにはアドセンスが表示されています。
だから、カテゴリの記事の書き忘れに要注意ですよ。


検索結果のコンテンツ不足

同じように、検索結果ページもコンテンツ不足になる可能性があります。

記事検索の部品をサイドバーに設置している人は注意してください。
例えば、検索窓に無意味な文字を入力して、検索してみてください。

そうすると、当然、検索結果は「何にもなし」になりますよね。

サイドバーだけが表示されて、記事の部分は空白になってしまいます。

ここにアドセンスが表示されてたら?

そうです、これもコンテンツのないページになり警告対象です。

記事検索の部品をサイドバーにつけている人は注意してください。

検索結果が他所に飛ぶ検索窓をつけましょう。


実際にグーグルからカテゴリページとタグページの
コンテンツ不足を警告された人がいます。

検索は、今のところ聞きませんが警告の可能性はあるということです。

私自身はまだ警告はないですが気をつけましょうね


そうなると過去ログもそうなりますね
1ヶ月投稿がないと記事数が0になるから・・・


特に気をつけるタグページに続きます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
初級者への道トップへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。