アドセンスのクリックされる条件

GoogleAdSenseのよくクリックされる条件

過去にこれを試しに実行してみた結果、
今まで1日10ドルだったのが1日700ドルになり、
最終的には1日1700ドルの売り上げになったとの
記事を見つけたので載せますね。


この実験をしたのは古いですが、
今でも十分通用すると思います。

というよりすでに皆やってますね

それ以前にアクセスと広告のマッチングが問題ですね

彼は一体何をしたのでしょう?

この報告によると、
この結果はアドセンスへの最適化というのを施した結果のようです。


最初は468×60サイズのバナーをページ最下部だけに配置していたそうです。
それだけで、すでに1日10ドルあったのですから
相当なアクセスのあるパワーサイトだと考えられます。


これをまず300×250の中間ほどの大きさのレクタングルに変更。
配置場所を各コンテンツの一番上と一番下にそれぞれ変更。
また、色合いを補色で構成。

これで1日10ドルから1日100ドルに上昇させることに成功。

最終的にはページの上と下から、ページの真ん中、つまりよくある記事の途中に埋め込んであるタイプの広告に変更。

これで1日700ドルから1日1700ドルになったということのようです。

「そんなバカな!」
というのがほとんどのAdsense経験者の反応なのではないかと。

よくよく考えるとページの一番下にあるだけでも1日10ドルなのだから、相当のアクセスがあると考えられます。逆に言えば、1日10ドルぐらい稼ぎ出すようなサイトであれば、以下の3つの条件を当てはめればかなり改善すると言うこと。


1.幅の広い広告フォーマットを選ぶ
多くの広告代理店の調査によると、同じ場所であれば、468×60よりも728×90のサイズの方が約7割ぐらい収益は上がるそうです。そのため、できるだけ幅が広いもの、あるいは面積の大きいものを選ぶのがよいとのこと。縦長のものを選ぶのであれば、できるだけ幅の広い縦長のものを選ぶのがコツのようです。


2.ページの真ん中、あるいは一番最後に置く
これはニュース記事やレビュー記事に効果的な方法。これはページビューが少ないときでも有効な方法で、GoogleAdsenseはページの内容の文脈によって広告内容が変化するため、文中や文末であればその内容に一番マッチした広告となり、クリック率が上昇するという仕組みのようです。逆にページビューがかなりある場合には、インプレッション型収益を目指して、ページのトップやページ右側の柱に置くと良いそうです。


3.ページのカラーと調和させる
これはGoogleAdsense利用者のほとんどが行っているであろうと思われる「ページにとけ込ませる」というものとは意味が違います。特に効果があるのは「補色」で広告の色を決めること。例えば黒い背景にはピンク色など、補色のパターンというのは決まっています。ページの背景ととけ込ませるべきなのは広告との境界線及び背景色であり、文字列自体はできるだけ補色で目立たせる方がよいようです。


やはりまずアクセスがなければいけませんが、
そこにクリックしたいと思うような広告が表示されるかがポイントです。

私のこのブログのようにそこら中に広告を貼って貼って貼りまくる
というのはナンセンスというわけです。アハハ

ターゲットをキッチリと絞って、その上で効果的な方法を選んでおけば、
見た目にも違和感なく、あまり邪魔にもならず、
興味のある広告が出たときにはクリックされるという
そんな展開になると言うわけです。

ギガジン
http://gigazine.net/


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
初級者への道トップへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。