SEO対策,LPO対策カテゴリの記事一覧

被リンク検証リサーチ

興味深い記事を見つけました。

上位サイトのSEO対策を徹底解剖!スプールのSEOリサーチ情報

【リサーチ】同じテーマのサイトからの被リンクはSEOに効果的か?60万件のリンク元ページで検証

この記事は、MarkeZineの記事で
http://markezine.jp/a/article.aspx?aid=3464
(株)スプール社の「SEO研究室」よりの転載記事です。
http://www.seo-research.jp/experiment.html

さてリンクについてですが

リンクは「同種のテーマを持つサイトからリンクをもらいましょう。」

リンクは「幅広いテーマのサイトからリンクをもらいましょう。」

どちらも被リンク獲得の際に言われる事ですが、
この矛盾する2つの説…果たしてどちらが正しいのでしょうか?
 

計60万件におよぶリンク元ページを調査し検証
被リンク、どちらが有効だと思われますか?

リンク元サイトのテーマ調査方法

 調査対象6000URLにそれぞれリンクしている100件のリンク元ページを調査し、同じテーマをもつページの占める割合を調べました。それぞれのページにおいて被リンク100件を抜き出し調査したため、“被リンク数”の違いによるデータの不公平はありません。

 果たして、リンクを張ってもらうページは、「関連するテーマを持つサイト」が理想なのでしょうか?それとも関連性は必要ないのでしょうか?

調査結果−Yahoo!、Googleでは被リンクの評価が正反対!?


Yahoo!は、上位サイトほど、被リンクの関連性が低くなり、
Googleは、上位サイトほど、被リンクの関連性が高くなる。

という傾向が見えます。

 データを素直に読み取ると、
Yahoo!対策には、より多様性のあるリンクの獲得が有効であり、
Google対策には、よりテーマが近いサイトからのリンク獲得が
有効であるといえるのではないでしょうか。

 では、Yahoo!とGoogleどちらも上位表示させたい場合、被リンク対策の方針に矛盾が生じるか、というと必ずしもそういうわけではありません。

リンク元に関連性がある、無い、いずれにしても、その被リンクがマイナス評価になる事はありえない。
 ※基本的に被リンクがマイナス評価になる事はない。マイナス評価がありえるならば、いやがらせリンクが横行してしまうため。ただ、リンクが全く評価されないケースは非常に多い。



リンク元のテーマは、被リンク獲得の際に意識すべきことではない
 個人的には、多様性のあるリンクの獲得をお勧め致します。

 なぜなら、基本的には何も考えずリンクを増やせば良いだけだからです。

 逆に関連性のあるサイトからのリンクを獲得する事は、条件が絞られる分、大変難しく、さらには「関連するサイト=競合サイト」である事も少なくありません。 今回のデータを見る限りでは、無理に関連性のあるリンク獲得に奔走しても、苦労に見合う効果は得られないでしょう。

 結局のところ、テーマの関連性は、被リンク獲得の際に重要な判断材料ではありません。

 もっと意識すべき事は、

リンクされているアンカーテキストに上位表示させたいキーワードが含まれているか
リンク元サイトがYahoo!カテゴリに登録されているか
リンク元サイトのページランクは高いか
 …など、従来のリンク対策方針です。

結論
 Yahoo!は被リンクの多様性、Googleは被リンクの関連性を評価する傾向がある。

 ただし、関連性のあるサイト(ページ)からリンクを得る事は難しい上、はっきりした効果は期待できないため、結局のところ関連性を意識する必要はない。


しかし、今の私とは矛盾してることも

というのは、あるグループでグーグル狙いで
最近同じキーワードで同じカテのサイト達とばかりリンクしているのですが

最近狙っているグーグルよりもヤフー上位が目立ってきたので不思議に思ってたのです。

また、何か変わってきているのかも・・・
まぁ私の場合は規模も小さいですけどアハハ

LPO対策って

お久しぶりでつ〜♪

最近晩御飯食べずにバタンキューと寝てしまってる
のぶりんでつコニャチュワ〜

だからPC作業は真夜中から朝方にかけてと
普通の人とズレまくりの生活でし

昨日もアクセス解析とにらめっこしてまして
上位3サイトが別格で更新しなくても安定してきました。
って3つとも更新1週間以上してないのにすごいことになってます。

この前書き込んだその日に
3つとも単一キーワードで1ぺーじ目に上昇しまして
その後は1ページで安定してます。
更新してないのにですよ

したのはヤフーブックマークに登録しただけです。

これが原因かどうかはわかりませぬ
してなくてもあがったかもわかりませんからアハハ

いきなり入りますが

LPO対策ってご存知ですか?
「ランディグページ最適化」という言葉の略です。


簡単に言うと、

「SEO対策で集めた訪問者を逃さないページを作る」
 
ということらしいです。

直帰率って知ってます?離脱率とも同じように使うのかな?

ネットで商売やアフィリエートしている人はたまにでも
アクセス解析を確認していると思いますが気にするのは

「今日は何アクセスあったかなぁ」

「どのサイトにアクセスが多いのかなぁ」

「どんなキーワードで検索してきてるかなぁ」

でしょう、アドセンスアフィリしている人はそれに

「アドセンスのクリックの位置と数」の確認が加わりますよね。


それらも確かに重要ですが、売り上げを上げるために
気にしなくてはいけないのは

「直帰率」だそうです。

.。o○(昨日それ系のメルマガ3通タハー)
気になったので記事にします
一部引用してますが誰かも忘れましたゴメンナサイ

せっかく検索して覗いてくれてもそのページが解りにくく
キーワードの商品のセールスページまでいけなかったり
そのページに魅力がなくて他のページを覗かず帰る事を
直帰率といいます、解析についてますので確認を。


ちなみに私の上位3サイトの直帰率80%以上でつ...orz
これはまったくダメ( ̄乂 ̄)ブーッ!

話にならないくらいダメなんですってトホホ
せっかくアクセスあるのに・・・

あっこの初級者の道ブログはなかなかいいですよ
平均3.4ページ見てくれてますから優秀なんですが
肝心の商売用がダメなんですよ

商売用がここくらいゆっくり覗いてくれれば
売り上げあがるのにね

話はそれてますが.。o○(いっつもやん)

LPO対策です
ランディグページ最適化です。

「SEO対策で集めた訪問者を逃さないページを作る」
ということです。

詳しくはここです
LPO対策
相互リンクしている近しい人ですけど・・・アハハ(#^.^#)vニコッ

その対策が自分でできるツールがあるという宣伝で
これは商売やアフィリサイトだけぢゃなく便利だと思います

安いのでどうですか3480円であなたの思い通りの
お気に入りのサイト作りを簡単にレベルアップするソフト
引用します。


ユーザーを逃がさないためにサイトを進化させましょう
3480円であなたのサイトが生まれ変わります。

次世代ネットビジネスを乗り切るホ-ムページ素材。
フラッシュバナー、動画、アニメ、商品ギャラリー、簡単に作れます。

集めた客を逃さない

「究極の美」を伝えるLPO対策ツール。売り上げを変えるFLASHツール「花鳥風月」。



集客にはSEO対策の重鎮「賢威2.0」
独走し続けるベストセラーseoマニュアル&HPテンプレートセット

圧倒的な実績と信頼!SEO対策の重鎮「賢威2.0」



次はRSS系ツールで作ったサイトに対しての
アドセンスの厳しい回答を予定(の^.^の)vニコッ
初級者への道トップへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。