ペラサイト アドセンス対策

とうとう私のペラサイトも
アドセンスが表示されなくなりました...orz

私のネットでの知り合いでも昨年の後半から次々に警告がきたり
また、いきなりの削除とかの話を聞きました。

でもそれは私には関係ないと思ってました。

多分記事サービス使ったり
他の記事をリライトもちゃんとせずに引用しているなど
何か問題があるからだと

私のは文字数もほぼ1000以上あるし
独自コンテンツだと・・・

そう思い込むようにしてました・・・
でも少し心配なので最近は作ってませんでした。


しかし昨日あるSNSのフレンドのブログで
アドセンスがいきなり削除されたとの記事を見て
確認のために自分のペラサイトを見ると

(☆□◎) ガーン

アドセンスが表示されてません

私の作ったペラサイトは約300ほどですが、
調べてみるとペラサイト全て表示されてません

でも、ブログやサイトは普通に表示されています。

グーグルで自サイトの主だったのを数箇所調べてみると
インデックスの数が極端に減るというペナルティも
もらっている感じがします。

でも検索順位はわりと上位にも残っています。

アドセンスに行き何かお知らせや警告がないかと
覗いても何もありませんでしたが

昨日の報酬が、一昨日の20分の1というありさまトホホ

さて問題は乗り換えるのはどこがいいのか
楽天ぴたっとアドはいちいち登録が面倒なのでマイクロアドにしようかと

どちらも関連というか親会社の
楽天もサイバーエージェントも利用しているので
支払い系は安心なんですが問題はクリック単価と手間ですね

とりあえずマイクロアドに登録申請しました。

今申請して貼るわけにもいかず
とりあえず今日はペラサイトのアドセンスをはずします。

そしてペラサイトの内容によって
広告を考えますε-(_- ヾ)ハァ

アドセンスは大きいでつ

アドセンス警告 タグページの注意点

「アドセンスの注意点」
アドセンスの警告対象になる
コンテンツ不足に関する注意事項について

タグページのコンテンツ不足

アドセンスは急に報酬が増えたり1月に10万円を越すようになると
コンテンツ不足や違反がないか確認がはいると言われてます。

これはあくまでも噂ですが

私の知り合いにも10万円前後くらいで警告がきた人が数人います。


ネットで巡回しているとコンテンツ不足が目に付きます。

アドセンスのコンテンツ不足っていうと、まず

1、ブログの記事の文字数が少ない。
(少なくても300文字以上、500文字以上推奨なんていわれてます)

2、独自コンテンツがない
自動記事生成ツールやRSSツールなどで他所のリンク集めたり、
他のサイトの引用記事並べただけのサイト。

3、ミラーサイト
(誰かの真似か自分のでもほとんど同じようなサイト)

などが思い浮かびますが
まさか、これっ・・・と思うようなことです。
気をつけないといけない事をけっこうやってます。


注意しないといけないコンテンツ不足とは、

カテゴリページ、検索結果ページ、
そしてタグページ、です。

特にSeesaa シーサーはタグページに気をつけないといけませぬ。


タグページのコンテンツ不足

タグページも表示させるとキーワードだけが並んだページですので
コンテンツ不足となります。


私はアドセンスをタグページに表示させないタグをいれてましたので
自己満足で安心してタグを使ってましたし

またサイドバーのタグクラウドをはずせばいいとばかり思ってましたが
ダメなんですよね

特にseesaa ブログを使っていて、タグを使っている人は、
記事の最下部にタグというかキーワードが表示されます。

それをクリックしてみると、キーワードだけが並んだタグページです。
このタグ機能は、SEOに関してもいいと思うのです。
.。o○(現実に検索するとタグページが結構上位にあります)

が。

このページにアドセンスが表示されていると、やはり

コンテンツのないページにアドセンスが表示・・・・・・(゚_゚i)タラー・・・

ということです。

タグを使っている人は要注意です!


対処法
まず記事の上下にアドセンスを入れていても大丈夫です。
タグページには表示されません。

タイトルバナー下に入れている場合は
デザインからHTMLへ入り

<% unless:page_name eq 'tag' -%>ここにアドセンスコードを入れる<% /unless %>

この↑タグを
<div id="container">
<script type="text/javascript" language="JavaScript" src="<% site_info.blog_url %>/contents/js/ad_plugin.js"></script>
<div id="banner">
<% content_header %>
★ここに入れますがテンプレによってくずれることがあるので
</div>
私はこの下にいれています。

サイドバーですが
タグを使わないのが一番簡単です。


タグページ部分を全部消して、サイドバーにもタグを出さないようにすると良いよ。

と教えていただきましたが・・・意味が?


ならシーサー記事下のタグ(キーワード)を消せばどうかなと

記事下のキーワードを消す方法

記事HTMLの

<% if:with_date %><h2 class="date"><% article.createstamp | date_format("%Y年%m月%d日") %></h2><% /if %>
<div class="blogbody">
<h3 class="title"><a href="<% article.page_url %>" class="title"><% article.subject %></a></h3>
<% if:page_name eq 'article' -%>
<div class="text"><% if:diet_log %><% include:article_diet_file %><% /if %><% article.entire_body | bodyfilter(article_info,blog) %>

★<% if:list_tag %><div class="tag-word">タグ:<% loop:list_tag %><a href="<% blog.tag_url(tag) %>"><% tag.word %></a> <% /loop %></div><% /if %>◆

</div>
<% else -%>
<div class="text"><% if:diet_log %><% include:article_diet_file %><% /if %><% article.first_body | bodyfilter(article_info,blog) %>

★<% if:list_tag %><div class="tag-word">タグ:<% loop:list_tag %><a href="<% blog.tag_url(tag) %>"><% tag.word %></a><% /loop %></div><% /if %>◆


</div>
<% /if -%>
<div class="posted">posted by <% article.nickname %> at<% article.createstamp | date_format("%H:%M") -%>
<% if:article_weather -%>
| <% article_weather.state %><% article_weather.weather_emoji -%>
<% /if -%>
<% if:diet_log -%>
|<% if:diet_log.condition == -2 %>絶不調<img src="<% site_info.blog_url %>/img/icon/5.gif" width="16" height="17" border="0" alt="絶不調" align="absmiddle" /><% /if -%>

★〜◆の部分2箇所を削除します。

成功ならサンプル画面の『タグ』部分が消えてるはずです。

h3をカスタマイズしてh2にしている人も、同じです。
アドセンス記事下に貼る場所の前後です。

これは記事の直下のアドセンスはクリックされるため使える方法です。
これをしただけでクリックが増えます。・・・と思いますアハハ♪


安心できないからタグ使わないほうがいいかもマンドクセ

ひょっとして何か勘違いしてるかもしれません
丸ごと消すのがいいのかも・・・


アドセンスの注意点、カテゴリ・検索窓

追伸
私にはなんの知識もスキルもありません
もっと正しいやりかたがあると思いますが、
気になって調べたことをそのまま実行して
なんとかできたことを載せています。(*- -)(*_ _)ペコリ

アドセンス警告 カテゴリページ 検索ページ

アドセンスの注意点

アドセンスの警告対象になる
コンテンツ不足に関する注意事項について

カテゴリページ・検索結果ページ

アドセンスは急に報酬が増えたり1月に10万円を越すようになると
コンテンツ不足や違反がないか確認がはいると言われてます。

これはあくまでも噂ですが

私の知り合いにも10万円前後くらいで警告がきた人が数人います。


ネットで巡回しているとコンテンツ不足が目に付きます。

アドセンスのコンテンツ不足っていうと、まず

1、ブログの記事の文字数が少ない。
(少なくても300文字以上、500文字以上推奨なんていわれてます)

2、独自コンテンツがない
自動記事生成ツールやRSSツールなどで他所のリンク集めたり、
他のサイトの引用記事並べただけのサイト。

3、ミラーサイト
(誰かの真似か自分のでもほとんど同じようなサイト)

などが思い浮かびますが
まさか、これっ・・・と思うようなことです。
気をつけないといけない事をけっこうやってます。


注意しないといけないコンテンツ不足とは、

カテゴリページ、検索結果ページ、タグページ、です。

特にSeesaa シーサーはタグページに気をつけないといけませぬ。

以前からちょこちょこ気づいて自分でも気をつけてましたけど、
この3つを気をつけないといけないと思いました。

ここではカテゴリページと検索結果ページを説明します。

まず、よく目に付くのが

カテゴリページのコンテンツ不足

あちこち巡回していると、よく目にするのが
カテゴリーページのコンテンツ不足です。

けっこう有名人でもたまにありますから面白いです。
.。o○(ほんとに稼げてるのって感じ??)


ブログを作ったときや、更新するときに、

あるカテゴリーの記事を書くつもりで、まずカテゴリーを作って・・・

と、考えてカテゴリーだけ作って、そのカテゴリーの記事を書き忘れ、
ってことありませんか?

とくにブログを1度に2つ3つ作るときに気をつけないと・・・(゚_゚i)タラー・・・
私はたまにあります・・・デヘッ

そうすると、サイドバーのカテゴリで、
そのカテゴリの記事数は0(ゼロ)になってます。

そこをクリックすると、コンテンツのないページが表示されます。

このページにはアドセンスが表示されています。
だから、カテゴリの記事の書き忘れに要注意ですよ。


検索結果のコンテンツ不足

同じように、検索結果ページもコンテンツ不足になる可能性があります。

記事検索の部品をサイドバーに設置している人は注意してください。
例えば、検索窓に無意味な文字を入力して、検索してみてください。

そうすると、当然、検索結果は「何にもなし」になりますよね。

サイドバーだけが表示されて、記事の部分は空白になってしまいます。

ここにアドセンスが表示されてたら?

そうです、これもコンテンツのないページになり警告対象です。

記事検索の部品をサイドバーにつけている人は注意してください。

検索結果が他所に飛ぶ検索窓をつけましょう。


実際にグーグルからカテゴリページとタグページの
コンテンツ不足を警告された人がいます。

検索は、今のところ聞きませんが警告の可能性はあるということです。

私自身はまだ警告はないですが気をつけましょうね


そうなると過去ログもそうなりますね
1ヶ月投稿がないと記事数が0になるから・・・


特に気をつけるタグページに続きます。
初級者への道トップへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。